tokilog

プロブロガーやってます。好きな写真と雑記のブログ。その時の見聞録を、記事と記録で残していきます。

じぇいさんのぶらりお散歩 川崎大師 其の弐

あとで読む

シェアする

スポンサーリンク

さて、やっと川崎大師の平間寺天山門に到着し、山門をくぐって中に入っていきましょう。

 

入って右側に有るのが、手水舎になります。その横にはおみくじや、護摩行への申込みとかの受付が広がっています。

 

f:id:sek-loso0228:20190217155941j:plain

Leica d-lux typ109

 

山門の正面で、本堂との間に有るのが線香を収める場所ですね。何故か日曜日なので、その横でパフォーマンスをやっていました。

 

f:id:sek-loso0228:20190217160114j:plain

 Leica d-lux typ109

 

面白いのは、ご利益にあやかろうと、後ろから回り込んで、線香の煙を浴びている人もそこそこの割合で居るんですよ。ちょっと笑ったりしてね。

 

本堂でお参りをしてちょっと脇から1枚パチリ。

f:id:sek-loso0228:20190217160320j:plain

 Leica d-lux typ109

 

本堂から山門方面を見るとこんな感じなんです。

f:id:sek-loso0228:20190217160411j:plain

 Leica d-lux typ109

 

本堂を降り、右に曲がって大本坊方向に向かいます。日曜日だったので、沢山の出店が出ており賑やかです。

 

f:id:sek-loso0228:20190217160605j:plain

 Leica d-lux typ109

 

大本坊を正面に、ちょっと右脇へ寄り道します。そこには不動堂があるんですよ。この川崎大師の中には、沢山のお寺があるので御朱印をもらうのも大変ですよ。

 

f:id:sek-loso0228:20190217160816j:plain

 Leica d-lux typ109

 

この不動堂にも、専用の手水舎やお線香を上げる場所があるんです。

f:id:sek-loso0228:20190217160924j:plain

 Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190217161007j:plain

 Leica d-lux typ109

 

不動堂でお参りをして、出店の中を通り抜けて更に別の場所に向かっていきます。途中に有るのは、八角五重塔なんです。

f:id:sek-loso0228:20190217161142j:plain

Leica d-lux typ109

 

つるの池野周りでは、出店で購入した物を美味しく食べながら談義している人がたくさんいました。天気もよく、風も少なかったので良い日ではなかったかな。

f:id:sek-loso0228:20190217161423j:plain

Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190217161508j:plain

Leica d-lux typ109

 

そして、つるの池をぐるっと廻ると、最後の薬師殿になります。薬師瑠璃光如来とそれを守る十二神将が祀られたところです。

 

f:id:sek-loso0228:20190217161705j:plain

Leica d-lux typ109

 

天井も非常に綺麗で見とれてしまいます。

f:id:sek-loso0228:20190217161744j:plain

Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190217161836j:plain

Leica d-lux typ109

 

この薬師瑠璃光如来のところもそうですが、真言のうち小咒が書かれており、それを読みながら参拝するようになっています。

 

自分も、この小咒を唱えながらお願いをしてきました。サンスクリット語で書かれているので、横にオン コロコロ センダリ マトウギ ソワカとふりがながふられているので、大丈夫だと思いますよ。

 

駆け足でしたが、川崎大師への散歩をお伝えしました。

 

じっくり見て回ると、結構時間がかかります。まあそれほど大きいってことですね。