tokilog

プロブロガーやってます。好きな写真と雑記のブログ。その時の見聞録を、記事と記録で残していきます。

じぇいさんのぶらりお散歩、花冷えの上野周辺から日暮里方面へ

あとで読む

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは、じぇいかわさきです。花冷えの上野公園から、ぶらぶらと日暮里方面に向かって散歩をしてみました。寒いので、歩いていると少し暖まってちょうどいいかな。

 

国立博物館法隆寺宝物館

f:id:sek-loso0228:20190331183553j:plain

Leica d-lux typ109

 

国立博物館法隆寺宝物館の入り口は黒色なので、その黒色に桜の色が映えますね。

その先にある交差点は、京成電鉄博物館動物園駅と黒田記念館があるところですね。

 

京成電鉄博物館動物園

f:id:sek-loso0228:20190331183752j:plain

Leica d-lux typ109

 

京成電鉄博物館動物園駅を右に曲がっていきます。黒田記念館の横にある建物は、初めて見るのとちょっと洋風の建物がすごく気になりました。

 

国立国会図書館国際子ども図書館

f:id:sek-loso0228:20190331184316j:plain

Leica d-lux typ109

 

正面から見ると、ヨーロッパ調の建物は結構迫力が有るのと、なんとなく威圧感がありました。なんとこの建物は国立国会図書館国際子ども図書館と書いてあります。

f:id:sek-loso0228:20190331184520j:plain

Leica d-lux typ109

 

国際子ども図書館は、1897年創立の帝国図書館を淵源とし、施設としては1906年上野公園内に建設された帝国図書館を受け継いでいる。

帝国図書館は1949年に国立国会図書館と組織上統合されて国立国会図書館支部上野図書館となり、そのまま上野公園で図書館サービスを続けてきたが、旧帝国図書館蔵書の大半は1961年に新築なった永田町国立国会図書館東京本館に移され、上野図書館は上野公園で参考図書や特別コレクションの一部を提供する国会図書館の分館として運営されてきた。

その後、1980年代に急速な蔵書の増大に対する東京本館の施設の限界を受けて国立国会図書館関西館の設立が構想され、1990年代にその建設が決定されるとともにその役割についての方針が定められると、支部上野図書館の役割の見直しが検討された。一方この時期には、子供の読書離れが深刻な問題として取り上げられるようになり、国立の児童書専門図書館設立を求める政界・民間の声が高まっていた。ここにおいて、上野図書館の施設はそれまで国立国会図書館ではそれほど重視されてこなかった児童書のナショナルセンターとして再活用されることになり、1996年には「国際子ども図書館基本計画」が策定され、1999年に国立国会図書館法が改正されて法的に国際子ども図書館の設置が定められた。

施設は上野図書館に改修が施され、2000年に一部を改修中のまま部分開館を行った。そして2002年になって全面開館し、児童書の保存・閲覧のほか、児童書関係の研究文献の提供や展示会などのサービスを行っている。

国際子ども図書館 - Wikipedia

 

www.kodomo.go.jp

 

更に歩いていくと、寛永寺根本中堂が見えてきました。このへんは今まで殆ど歩いたことがないので、新たな出会いが非常に多いですね。

 

寛永寺根本中堂

f:id:sek-loso0228:20190331185030j:plain

Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190331185122j:plain

Leica d-lux typ109

 

境内は非常に静かで、桜の写真を撮りにいている人で賑わっていました。

 

f:id:sek-loso0228:20190331185228j:plain

Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190331185307j:plain

Leica d-lux typ109

 

創建と伽藍整備[編集]

江戸にあった徳川家の菩提寺のうち、増上寺は中世から存在した寺院であったが、寛永寺天海を開山とし、徳川家により新たに建立された寺院である。徳川家康秀忠家光の3代の将軍が帰依していた天台宗の僧・天海は、江戸に天台宗の拠点となる大寺院を造営したいと考えていた。そのことを知った秀忠は、元和8年(1622年)、現在の上野公園の地を天海に与えた。当時この地には伊勢津藩主・藤堂高虎弘前藩主・津軽信枚、越後村上藩主・堀直寄の3大名の下屋敷があったが、それらを収公して寺地にあてたものである。秀忠の隠居後、寛永2年(1625年)、3代将軍徳川家光の時に今の東京国立博物館の敷地に本坊(貫主の住坊)が建立された。この年が寛永寺の創立年とされている。当時の年号をとって寺号を「寛永寺」とし、京の都の鬼門(北東)を守る比叡山に対して、「東の比叡山」という意味で山号を「東叡山」とした。

その後、寛永4年(1627年)には法華堂、常行堂、多宝塔、輪蔵、東照宮などが、寛永8年(1631年)には清水観音堂、五重塔などが建立されたが、これらの堂宇の大部分は幕末の上野戦争で失われた。このようにして徐々に伽藍の整備が進んだが、寺の中心になる堂である根本中堂が落慶したのは開創から70年以上経った元禄11年(1698年)、5代将軍徳川綱吉の時である[1]。根本中堂は元禄10年7月1日に柳沢吉保が惣奉行を拝命したことにより開始され、元禄11年8月11日に上棟式が行われ落成した。

現在の本堂は川越喜多院本地堂を移築したものである。

寛永寺 - Wikipedia

 

根本中堂を後に、更に進んでいくと、谷中霊園入口の桜トンネルが綺麗でした。

 

f:id:sek-loso0228:20190331185510j:plain

Leica d-lux typ109

 

f:id:sek-loso0228:20190331185546j:plain

Leica d-lux typ109

 

寒くても、散歩はまだまだ続きますよ。

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓