時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

仮想通貨採掘について振り返ってみたんだ!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。昨年末頃に始め、いろいろとトラブルはありながら続けている仮想通貨の採掘作業ですが、半年になるのでちょっと振り返ってみた。

 

f:id:sek-loso0228:20180609071651p:plain

 

昨年の暮れ近くから始めた仮想通貨の採掘。当時はNicehashがハッキングされてサイトが停止状態になっていた。そのためにスタートしたときは、Nicehashではなかったんだよね。

 

そう、スタートはMainerGateだった。そして、その時の受け取りウォレットがコインチェックを使っていたんだ。

 

試行的に始めたMinerGateだったのですが、ここで採掘した分を移行することが結果的に出来ず、数週間分が今だ塩漬けされた状態になっている。最もさ、今問題となっている暗号通貨のモネロとかだったので、まあいいかって思った。

 

そのうちにNicehashが再開されたので、Nicehash minerを使用した採掘に移行して、それでは採掘を加速させるぞ!って思ったのもつかの間、今度はコインチェックがハッキングされて口座が凍結してしまった。

 

この時点でコインチェックにはイーサリアムイーサリアムクラッシック、リップルと採掘した雀の涙程度のビットコイン保有されていたんだよ。

 

すべてが凍結され、出し入れができない状態がどれくらい続いたんだろうか?出し入れ不能になった瞬間に、俺はコインチェックに見切りをつけBitflyerへ移行したんだ。その時にZaiffも作ったが、何となく嫌な予感がしてこっちはウォレットを開いただけで何も使っていなかったんだ。

 

案の定、Zaiffもいろいろとトラブルに見舞われ出したので、結果的に使っていなかったことが正解だったかな。

 

Nicehash mainerの振込先をBitflyerに変更して、やっと連続して安定し採掘ができるようになった。しかし、その時点ではもビットコインの価値も下落が止まらない状況で、スタートした時点は120万/BTCだったのもが、現在は83万/BTCと30%程度価値を下げている。

 

従って、実質安定して採掘していたのは3.5ヶ月程度なんですよね。こうやって振り返ってみると、俺のスタート時点は仮想通貨のバブルが弾けてトラブル続きの時に船出したんだなってよく分かるね。

 

 

 

昨日も1週間の採掘量が0.001BTCを超えたんで、また自分のウォレットに振り込まれたんです。ここの所安定して1週間毎に振り込み行われているようです。しかし、価格下落も伴って、結果的に資産はほとんど増えていないんですよね。悲しいことにまったく。

 

それでも、掘り始めてからの合計がやっと0.012BTCにまで到達しました。実際にはビットコインの採掘をしているわけではなく。草コインを少々と、イーサリアムを中心に採掘を行い、報酬をビットコインで受け取っているということなんです。

 

この保有状況を開始時点のレートでみれば14000円位、今のレートだと10100円位なので、何もしなくても4000円弱が消えて行っているってことですね。4000円って言うと約1ヵ月の採掘量に当たります。

 

もっとも遊んでいるPCでやらせているんで実質電気代との差分が利益になりますね。儲かってるんかな?かなり疑問はあります。

 

そんなわけで、俺のRADION2枚の環境では1000円/週のペースで今も採掘は継続している状況です。昔ほど採掘の話が出なくなったということは、採算が合わず廃業する人がってことかな。

 

以上が仮想通貨採掘の近状レポートでした。