時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

Nicehash minerで俺が落ちた小さな失敗

あとで読む

スポンサーリンク

こんにちは、サイト管理者のふぇいやんです。ちょっとさ、最近俺が落ちたNicehash minerの落とし穴について紹介するね。

 

この落とし穴に落ちたばっかりに、採掘状況が悪化したんだ。ちょっと気がつくのが遅かったよな。反省しているんで、誰かの参考にでもなればと思ってさ。

 

f:id:sek-loso0228:20171216181412j:plain

 

 

トラブルの始まり

ちょっと前になるけどさ、こんな記事のこと覚えているかな。

 

www.tokilog.jp

 

この記事で、V1.8.1.10に変更したらイーサリアムを採掘しなくなったって書いたんだよね。ほとんどがKeccakとPascalになっちゃったって。

 

そしてその後、V1.8.1.11がリリースされたんだけど、それを適用しようとダウンロードすると、ウイルスに侵されているってアラートが出て、削除されてしまいアップデートができなかったんだ。

 

その後、有る切っ掛けで、採掘しなくなったんじゃなくて、俺が設定でそうしちゃったってことが連休の終わりにわかったんだよ。

 

何でわかったのか?

つい最近、こんな記事も書いたんだ。

 

www.tokilog.jp

 

ウイルスアラートが消えたんで、最新バージョンにアップデートしたんだよね。その時にOption設定の確認を今一度やったんだよ。

 

その時に、以前V1.8.1.9からV1.8.1.10に替えた時にEnable 3rd Party mainerと言う項目のチェックを外したんだ。当時、Nicehash minerでいろいろと問題を言われていたんで、3rd Party製のminerは危ないんじゃないかって勝手に判断したんだ。

 

これをさ、今回のV1.8.1.11の時に再びONにしたんだよ。

 

 

そうしたらさ、なななんと〜 DaggerHashimotoをガンガン採掘するようになったんだ。って言うか、これしか掘らなくなった。

 

このDaggerHashimotoこそイーサリアムなんだよね。

 

自分が掘った落とし穴に落ちたってことだったんだ。

 

どう変わったか?

これがさ、採掘実績が見違えるように変わったんだよ。

 

Enable 3rd Party mainerが入っていない時は、Keccak、Pascal、Equihash、Cryptonight、Skunk、Decredと言うプロトコルを一生懸命に採掘していた。

 

こんなに沢山の種類を一生懸命採掘してもさ、1週間でどれくらい採掘出来たと思う?

 

なんと、全部で650円程度だよ。

 

信じられるかい?今までの半分以下の値なんだよ。草コインと言われている、メジャーじゃないやつだけどあまりにも酷いよね。こんなのやっていても、電気代の方が高くなってしまう。

 

それがさ、さっきのEnable 3rd Party mainerをONにしたとたん、DaggerHashimotoだけをさ、ガンガン掘り始めたんだよ。そしたら3日くらいで1000円位行ったんだよね。

 

何なんだよこの差はって言いたい。

 

よく考えたら、俺のシステムはRadionなんだ。NVIDIAじゃないから草コインの採掘は苦手で、イーサリアムには最適なんだよね。

 

まとめ

Radionで採掘をしている人は、多分Nicehash minerはV1系を使用していると思う。このV1系はAMDに最適化されているので、AMDが得意なイーサリアムで使用するのが最大効率になりそうだ。

 

従って、AMDで採掘をしている人は、俺が落ちた落とし穴に落ちないように、Enable 3rd Party mainerは必ずONにして使おう。

 

少なくとも、採掘効率はOFFのときの3倍くらいになるぜ。但し、俺の場合だけどね。

 

ホント、1週間ムダに電気を消費してしまった。