時のログ

プロブロガーやってます。好きな写真と雑記のブログ。その時の見聞録を、記事と記録で残していきます。

じぇいさんのぶらりお散歩 人形町 其の二

あとで読む

シェアする

スポンサーリンク

さて、今回は人形町甘酒横丁からのスタートになります。甘酒横丁に入ると、直ぐに香ってくるのがほうじ茶の香りですね。ほうじ茶の香りってこんなにいいものなのかって感じることが出来ます。

f:id:sek-loso0228:20190211191247j:plain

Leica d-lux typ109

 

この通りを歩いていくと、昔ながらと思わせるような佇まいのお店がたくさんあるね。

このお店だって、構造的にお客が沢山入るような入り口構造にはなっていないよね。

f:id:sek-loso0228:20190211191419j:plain

Leica d-lux typ109

 

まだ準備中のお店が多いんだけどさ、準備中だからこぞ佇まいがよく分かるんだ。このお店なんかも、後からエアコンを追加しているのがよく分かるね。

f:id:sek-loso0228:20190211191600j:plain

Leica d-lux typ109

 

とにかく、古さと新しさの調和っていうのも変だけど、モダンっていう言葉があうような建物が多い。

f:id:sek-loso0228:20190211191840j:plain

Leica d-lux typ109

 

食べ物屋じゃないけど、一本裏に入るとこんなレトロな建物も有るんだよ。なんか自分が小学校低学年の頃、お医者さんっていうのはみんなこんな感じの建物だったな。

f:id:sek-loso0228:20190211192038j:plain

Leica d-lux typ109

 

その隣の寿司屋さんも渋いっす。

f:id:sek-loso0228:20190211192140j:plain

Leica d-lux typ109

 

 

こんな感じで、通りのあちこちに古い建物が紛れ込んでいるんだよ。ほんと、街全体が過去と現代が混ざった混沌とした街並みって感じだね。

 

f:id:sek-loso0228:20190211192314j:plain

Leica d-lux typ109

 

路地裏も散策しがいがありそうなところばかり。

f:id:sek-loso0228:20190211192403j:plain

Leica d-lux typ109

 

下町というと、浅草っていうイメージが強いけどさ、ここ人形町の方が昔の物が残っているように感じるな。

 

帰宅後に写真を見ながら思ったんだけど、なんだか古きと今が同居している感じが、2007年頃によく行っていた上海の路地裏ににている感じがするんだ。

 

建物自体はやはり違うんだけど、でも雰囲気がそっくりなんだよね。地下鉄に乗ってくると、結構簡単に来れるので浅草とは違った世界が有るので、是非来てみてください。

 

新たな発見があると思うよ。