時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

新年なので、ちょっとだけ真面目なことも書いてみた!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。2018年が始まったばかりなので、ちょっとだけ真面目な話をしてみたいと思う。

 

お前なんかに似合わないよって思わないで、チョットだけでも読んでみてよ。

 

f:id:sek-loso0228:20180102111028j:plain

 

昨年の職場であった出来事や、ネットニュースなんかを読んでいて感じることがすごく有るんだ。

 

これは俺が昭和生まれってことが大きな原因なのかなって思うが、会社だって平成生まれの比率はマダマダだって思うのだが。

 

何ていうかなぁ〜、冷めてるよね。何事に対してもかもしれないけど。

 

何かさ、つまらないのかつまらなくないのかはっきりしないし、主体性が無いっていうか自分で決めることも出来ないみたい。夢も無いし。

 

生きがい、やりがい、そんなもの全く感じられず、指示されたこと、与えられたことを黙々と処理するだけで、それ以上でもそれ以下でもない

 

俺だってさ、松岡修造みたいなやつはウザいって思うよ。アレはやり過ぎって感じるが、そこが良いって人も多いのも事実。

 

つまり熱い思いってことだな。

 

人それぞれだけど、俺らみたいな年配のオッサンの殆どが感じるのは、熱意が無いのかよって事。

 

何がそうさせているのかわからないが、もうチョットさいろんな意味でリアクションが欲しいな。逆にさ、よくニュースでやってる、新年とか成人式とかで暴れている連中の方が、何をしたら面白いってことが有るんだよな。

 

そういった意味からすると、面白いってことが分かっているヤツのほうが良いよ。後は、人の迷惑ってことが分かればそれで良いんじゃね。

 

俺だって威張っては言えないが、決して無関心でなく、Yahooのニュースは一様朝と夕の2回はチェックして、興味ある記事はちゃんと読んでるからな。

 

そこから、今度これやってみようとか、これってどんな意味なんだって言う好奇心が湧いてくるからな。

 

あまりにも無関心な若者ばかり増えてくると、そのうちに※マトリックスのように人間は人体電池的な使われ方になっちゃうんじゃない。そんな危機感が有る。

※仮想世界でキアヌ・リーブスが一躍有名になった映画だよ。

 

人生をつまらなくしているのは、絶対に自分自身だと思うのだ。誰のせいでもないよね。

 

高杉晋作の辞世の句にあるように

面白きこともなき世を面白く、すみなすものは心なりけり

 

そうなんだよ、結局は自分の心の持ち方次第。何かというと、直ぐに人のせいにする風潮が多い昨今、それって人のせいじゃなく自分のせいじゃねって俺は言いたい。

 

面白くないって思うから面白くない、味方を変えると面白く見えるように成るかもしれない。そんな努力(単に考え方を変える)もしないで、何が面白くないんだって言いたいぜ。

 

最近、仮想通貨のマイニングをはじめて思った事が、この面白いことって事につながると気がついたんだよね。

 

マイニングをはじめる時は何もない0の状態なんだよね。そこから自分がやるんじゃなくPCのがやるんだが、マイニングしてアルトコインをマイニングしていくんだ。

 

0だったところが、0.00001BTCなんて形で有限になるんだ。これって凄いよなって感動した。そうなんだよ。

 

仕事でも趣味でも、生活でもそうだが、無の状態かた有を作り出すってことは凄いことで感動に値するんだ。そう、いろいろと考えるじゃない。

 

その考えているって時は楽しいよね。そこから先、実際に1歩踏み出せると、それが現実につながっていくのだと思う。

 

なあ若者よ、興味ないとかつまらないとか言っている前にさ、無から有を作り上げるって事を考えてみなよ。もうワクワクしちゃうぜ。

 

 

そうするとさ、活力ってものがフツフツと生まれてくるんだな。

 

後ははずみ車で勢いがついたように、いろんな想いが広がって毎日ワクワク感が持続する。生きてるって感じになるぜ。

 

兎に角さ、人のせいにする前に、自分の事をよく考えてみようぜ。日本の未来は、俺のようなオッサンではなく、君たちのような若者に掛かっているんだ。

 

マトリックスのような機械が支配する世界にはしてほしくないな。

 

最後にもう一度言うよ。人生をつまらなくしているのは自分自身だってこと

 

そうだ、この本を読んでみると良いよ。俺の推薦。

 

これは俺から若者へのお願いだ。

 

おしまい。