時のログ

モノクロ写真時々独り言、文字は心をあらわす、今思った事を素直に書こう!

Webアクセスにつて学び直そうと思ったら、楽しく学べる本を見つけた!

あとで読む

スポンサーリンク

こんにちは、じぇいかわさきです。この前差、いかさらだけどGoogle Analyticsについて考えてみたんだよね。まあ実際にはデータの味方とかを再度勉強した形だけど。

 

www.tokilog.jp

 

まあそんな事もやってみたんで、もう一度SEOについて学んでみようかなって思ったんだ。結果的にはドメインパワーアップにも貢献しそうだからさ。

 

f:id:sek-loso0228:20180704204037j:plain

 

それじゃあさ、どんな本が良いかってなるよね。SEOの本って、実は星の数ほど出ており、どれが良いのかさっぱりわからない。ある程度の知識がある人と、全くの素人では手にとって読む本は、多分全然違うんだろうな。

 

まあ何を学ぶにしてもさ、一番良いのは漫画形式になっていることだと思うんだ。文字が漫画により可視化されるんで、ずらずら並んだ文を読むのとでは理解度が雲泥の差になると思う。

 

 

 

素人には、どれが良いのか?

まあね、俺が手にとって見た時に、これは面白そうだって思ったのがさ「沈黙のWebライティング」って本だよ。

 

何で良いか?

 

そう、完全な漫画とは行かないが、挿絵的になっていることとストーリー仕立てになっているのが非常に良いよね!

 

そして、1章が終わるごとに、その章に出ていた重要事項などがコラム形式で更に詳細に説明されている。多分ここでストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方、専門用語的なことの理解度をより深く具体的に掘り下げるようになっているのだと思う。

 

 ストーリーも面白いし、Google AnalyticsやSearch Consoleなどの使い方なんかも出てくるんで、非常に役に立つと思う。

 

400ページ以上ある結構厚い本だが、面白いので何回か読んでいれば言っている内容もかなり理解できる。とにかくさ、普通の参考書と違うんで飽きない。

 

この飽きないが一番重要だよね。

 

この本で、Webマーケッティングの基本や考えを学び、それを肉付けしていくためにSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意などをまなぶんだ。

これだけでは終わらない

実はこのシリーズ、続きがあるんだ。続きと言ってもさ、物語が続いているんではなくて、主人公が一緒ってこと。

 

タイトルがまたさ、粋な感じでこっちもついでに買おうかな、なんて思ってしまうタイトルなんだ。

 

そのタイトルは・・・・同じ。でもサブタイトルが前回は逆襲で、次は激闘なんだ。

 

いずれにしてもさ、SEOを邪魔する敵に対して何をすれば、SEO対策になるのかってのが書かれているのはおなじだが、こっちは今流行りのオウンドメディアについての色合いが濃いかな。

 

そして、本書の中心は

  • わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方
  • 検索エンジンに評価される記事を作りたい方
  • 記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方

そんな悩みを持っている人向けにアレンジされている。

 

この2冊を読めば、大体の流れは分かってくるよね。

 

まとめ

この2冊で、Webマーケッティングの基本から、オウンドメディアへの展開まで順次に勉強し、SEO対策を行っていく。

 

このアプローチは確かに間違っては居ないと思うな。

 

しかし、最後の最後で必要なことは何か?ってきかれたら、やっぱりさコンテンツって答えるだろうな。

 

コンテンツを構成するためのベースがハッキリと分かっていたら、そのベースの肉付けやアレンジをこれらの本を元にして実行していく。

 

そうすると、必然と人気が出てくるんだと思うな。

 

勉強も大事だが、いちばん大事なのは

 

誰に向かってどんな事を書くか

 

それは向けた人のニーズに合っているか?

 

これが一番大事だと俺は思う。