時のログ

写真ブログ、見て感じたままを写真で届けます!

運を引き寄せるもの。実は簡単なことだった!

あとで読む

スポンサーリンク

おはようございます。サイト管理者のふぇいやんです。普段、なんとなくついていないなぁ〜とか、回りの雰囲気が悪いなぁ〜なんて感じること無いですか?

 

それって、原因は意外と簡単なことなんです。それにね、最近俺は気がついたんですよ。

f:id:sek-loso0228:20180113081132j:plain

 

昨年当たりより仕事をしながら考えた事が有るんですよ。何かといいますと、身の回りに起きる出来事についてなんです。

 

 

それらについて考えていった事について紹介していきます。

 

些細なトラブルの原因はなに?

去年の秋口からですね、仕事で些細な問題が沢山発生するようになったんです。昔からあったと言えばあったので、今急にってわけではないですが。

 

しかし、不運と言えば不運としか言いようのない問題が多いんです。自分は処理していたにも関わらず、次の所で処理が滞り結果的に発注業務が送れたりして、全体に迷惑をかけたとかね。

 

そんなの俺のせいじゃないっしって言いたいことも多々ある。が、本当の俺のせいじゃないのか?あまりにも沢山発生すると、チョットだけだが疑いたくなってくる。

 

本当に俺のせいじゃないよなってね。

 

トラブルの原因はやっぱり俺?

まあトラブルが続くとどうしてもしかめっ面にになりやすい。そうでなくてもいつも俺は苦虫を潰したような顔で、眉間にしわが寄ってるらしい。

 

しかもだよ、話しかけるなオーラがビシビシに出ているっていうんで、みんながあまり近寄らない。そしてトラブルが発生すると周囲に毒を吐くので、回りの雰囲気も暗くなりがち。

 

もっと職場に明るさが欲しいよなってはこんな俺でも思っている。無駄口が多くてもよくないが、聞こえてくる会話も少ないな。

 

もしかしたら、コレは俺が原因なのかも?

 

そりゃあそうだな

 

活気のある職場ってなんだろうって考えてみたり、自己啓発的な本も呼んでみたりした。もちろん周囲を見渡したりした。

 

ハッと我に返って思い当たることに気がついた

 

俺がいつもムスッとしているじゃない。

 

こんなんじゃあ、回りも笑いたくても笑えないよな。全ての根源って俺だったんじゃないの。

 

朝からの動きを振り返ってみると、朝挨拶されてもブスっとメールに見入ってしまい相手の顔も見ずに、ただ「おはよう」って機械的にかえしているだけ。

 

何か問題が有れば、なに考えてんだバカ!くらいに言いそうな勢いで叱りつける。当然、部下も報連相には気を使うようになるので、こちらもおひたしに対して配慮が無くなる。

 

と言うような悪循環を、自分がトリガーになって引起ひているんだってことが分かってきた。でも、これは俺の性分もあるのでなかなか一気には変えることが出来ない。

 

俺の変えた心がけ
  1. 歩いている時も、ブスっと睨んだような歩き方をしない。気持ち悪くない程度に、笑顔で歩くようにする。
  2. 返事には笑顔で答える。
  3. 攻撃的な指示・指導はしない。
  4. 相手の身になり、理解度を認識する。
  5. 自分を基準にしない

コレ読むとさ、全てお前が上から目線で物事言ってるのが問題なんじゃね?って見えるよね。

 

その通り、間違いございません。

 

これだけで何が変わったか?

たったコレだけのこと。自分の目線を変えたことによって、意外といろんな事が変わるんだよね。運も変わったと言えば変わった。

 

まず、電車に乗っていてもバスに乗っていても、しかめっ面を止めていつも笑顔を忘れないように意識しだしてから、変なやつが周りに来なくなった。

 

チョット変わってるなとか、見るからに近くにいるとトラブルになりそうって言う風体の人が周りに来なくなった。

 

笑顔で声をかけられるようになり、こっちも気持ちが晴れ晴れする感じにいられるようになった。

 

結果、トラブルも少なくなったように感じる

 

まとめ

結局薬局、昔から言われていることってやっぱり理由が有るんだなって悟ったよ。

 

笑う門には福来たる。正にその通りだ。笑ってないやつには神様だって愛想をつかすよね。

 

結局さ、運を引きつけるのも自分、回りの雰囲気を変えるのも自分、そう全部自分の行動の仕方で決まっちゃうんだよ。

 

そう考えると笑顔ってホント大事なんですね

 

人は自分とは違う、許す気持ちが大事なんだと。還暦近くになってやっと悟るってさ、人のことバカかって言うけど、俺もバカだったってことだな。

 

これから、笑顔は忘れないようにしよう。

 

おしまい。

 

今日も見に来て頂きありがとうございます。